出産内祝い品選びとは!新米ママの想い

 

AEDは安い価格では無いが有ると心強い!そんな出来事

 

AED価格は数十万円もする機会で高い値段かと感じます。
ですがそんなAEDでもあると安心感も出て、保険みたいなものでしょうか。

 

例を上げながらAEDの事について説明がありましたので紹介します。

 

ある日、父と娘が買い物をする為、町へ出かけた時の事です。
その日は少し寒い日でした。
娘は妊娠をしていた為、父は娘の身体を気遣いオーバーを掛けてあげる優しい父。

 

とその時、父がお腹を抱え倒れてしまいまいました。
意識は有る様に見えましたが、息苦しい表情、もがいて苦しいがっている様子です。
娘は、その父へ声を掛け続けて一生懸命でした。

 

心肺停止になったのです。

 

幸いなことに、ここではすぐ隣に娘がいるので、すぐに救命処置が出来る環境。
ここで「適切な救命処置」が出来れば、生死を分ける重要な事になるでしょう。

 

この様な事態には遭遇したくはりませんが、これはいつ誰がなるかわかりません。

 

ではこの時、娘だとしら何をしますか?

 

そう119番へ連絡をする事になりますが、パニックで伝わらない事にならないようにしなければなりません。
火事?救急?など聞かれると思いますが適切に事態を伝えましょう。
また住所も大事ですが、町へ買い物へきている場所なので住所はすぐわからないと思います。
目の前にある目立つ建物などを伝える事も良いでしょう。

 

適切に伝え、適切な救命処置を行えば助かる確率は2倍になるとも言われています。
あなたの行動次第で結果も変わるかもしれませんし、万が一の為にも救命の講習を受講することも考えてみると良いでしょう。

続きを読む≫ 2017/08/29 09:47:29

 

AEDの価格はいくらだと安いと思いますか?

 

タイトルの通り、AEDの価格はいくらだと良いと思いますか?
個人持ちをするのであれば、値段は結構掛か部類だと思いますが、実例を見ながらAED価格の価値観を感じてみてはいかがでしょうか。

 

例1)テニスを楽しんでいる時

テニスを仲間と楽しんでいるときの事でした。
急にその男性はコートで倒れ、心肺停止の状態に。
近くにいた仲間は実践の救命処置はした事が無く、言わば素人同然でしたが、AEDの存在は知っていて手さぐりで処置を行いました。
のちに救急隊が到着し、仲間の救命処置のおかげもありその男性は血圧ももどり元気に復帰できたそうです。

 

助かった男性は仲間や救急隊、家族、皆への感謝の気持ちで一杯との事。

 

例2)子供への出来事

一般的な家庭で、ここには3歳になる子供が居ました。
突然子供の様子が異常になり、あわてて母親は救急車を呼びました。
幸いなことに、消防署は片道5分程度の近くにありましたが、

 

ここからが予期しない展開となりました。

 

偶然この時間帯、その近くの消防署は他の案件で出払っていたのです。
他の消防署へ応援が入りそこから現場までは10分以上かかるとの事でした。
残念なことに母親はパニック状態で子供への救命処置をしていなかったのです。

 

救急車がのちに到着し、懸命な救命処置を行ったが残念な結果となってしまいました。

 

心停止でAEDが効果があるのは10以内と言う数字もありますので、この時間の何もしていなかった場合、助かる確率は限りなく低くなってしまいます。

 

心停止になる確率は人口に比べると非常に低いですが、ただこの場合の効果的な機器はAEDです。
AEDの価格は安くても30万円以上が相場なのでこの値段が、安いか高いか判断するのはその人の思いかもしれません。

 

AEDにも種類が多くあり価格もそれに伴いピンキリです。
特に家庭用や個人用では、すごく高いAEDは必要ないかもしれませんので、導入を考えている人は専門の人と良く相談をしましょう。

 

参考までに「個人用AED価格」で検索をすると家庭用AED、低価格で所有する方法がトップに出てきますが、その中でも紹介のあるAED CU-SP1 知っておくと良い機種かと思います。

 

AEDはこれが良いとはオススメは控えさせていただきます。

 

理由は、自分の目で調べて価格を判断して要望に合ったものを選ぶ事がベストだと思いますし一度調べて見て、機種を知り、AEDを知り、そして結果的に知

 

識の習得にも繋がるからです。

続きを読む≫ 2017/08/29 09:47:29

 

AEDレンタルとリースの混同しやすいところ

 

AEDを価格メリットが出いやすい購入では無く、サービス等で選択する場合はレンタルやリースが代表になるでしょう。

 

レンタルとリースは、ユーザーからみれば同じ契約では?と思われる人も多いでしょうがその仕組みは違うので、相違点を簡単に紹介します。

 

レンタルとリースで比較

 

レンタル契約の場合

一所有者は「レンタル会社」
・期間「短期間」
・機種の種類「保有している機種から」
・解約「簡単」
※会社により違うのでご参考程度に

 

リース契約の場合

一所有者は「リース会社」
・期間「長期」
・機種の種類「自由に選定」
・解約「不可」
※会社により違うのでご参考程度に

 

このように並べてみると、違う点がいくつかあります。

 

レンタルリース共に同じ項目は所有者、これはそれぞれの会社になります。

 

次に期間ですが、レンタルはCDやビデオのレンタルを思い浮かべてもらえば解るとおもいますが、1日〜1週間の事が多いと思います。
AEDのレンタルも短期間を目的としているので大抵は短い期間借りるケースが多いです。

 

機種の選定についても、レンタルの場合は会社が所有している機種から選ぶ事になりますが、リースの場合はリース会社が、購入しリースをするので自由に選べる点が違います。

 

最後に解約については、レンタルの場合は途中で解約をしてもそれほど影響は無さそうですが、リースの場合は機種を新たに購入しているので、期間中の解約は困難です。

 

以上のように、レンタルもリースもAEDを借りる目的は同じでも契約内容が違う点もあります。
事前に利用する会社ヘチェックをしっかりしましょう。

続きを読む≫ 2017/08/29 09:47:29