出産内祝いは相手に合わせた贈り物を 出産内祝い品選びとは!新米ママの想い

出産内祝いは相手に合わせた贈り物を

出産内祝いは相手に合わせた贈り物を

性別;女性
年齢:29歳
詳細:1歳(長男)1児の母

相手別にアイテムを変えて

職場の方や、親戚など、基本はお祝いでいただいた物や金額に合わせてアイテムを決めて、両親や友人などは贈りたいものを、相手が喜びそうなものを選びました。
そんなに人数も多かったわけではありませんが、贈るものを変えると発注の手間が掛かるので、忙しい出産後ではなく、妊娠中にあらかた決めておくことで、慌てずに済みました。全員同じものよりも、相手が喜ぶものを考えてアイテムを選びました。

 

通信販売 ベルメゾンや楽天ショップなどを利用

通信販売 ベルメゾンや楽天ショップなどを利用2

出産時の入院先の病院で、たくさんカタログをいただきました。
もともと遠方の方には直接渡さず、お送りしようと思っていたので通販を利用することは決めていたのですが、数あるカタログの中から、希望の商品があったので、ベルメゾンのカタログを利用しました。
また、友人に向けては、お菓子ではなく贈りたい雑貨があったので、ネットで検索して、ラッピング対応してくれる楽天のショップに数名だけ注文しました。また、特にお世話になった方には、地元の名産品を送りたかったので、そちらもネットから注文、発送してもらいました。
価格的にも、賞味期限的にも、全員におくることは出来なかったけど、お相手にとても喜んでもらえたので、良かったです。

 

赤ちゃんの最初のごあいさつというつもりで贈りましょう

お送りするとき、サービスでつけることが出来た、写真入のカードがあると、とても喜ばれました。
物よりも、生まれたてから少し経ったタイミングで撮った写真は、会いに行くことはできなくても、赤ちゃんの様子をお知らせすることが出来るので、相手からの反応もよかったです。
物よりもむしろ、写真や感謝のメッセージがあると、相手に伝わりやすいと思います。

page top