出産内祝い品選びとは!新米ママの想い

誰にでも喜ばれる内祝いを目指して母にはアンプルールを

誰にでも喜ばれる内祝いを目指して母にはアンプルールを

 

性別:女性
年齢:25歳
詳細:0歳の母
先日初めての内祝いを友人らを中心に送りました。

 

初めての内祝いで気にしたこと

 

初めて内祝いを送ることにしたので、まずは誰を対象に送るかを迷いました。基本的には、普段付き合いのある親しい親戚と、友人の中でも、出産祝いを送ってくれたり、結婚式に参加してくれた、特に仲の良い友人を選びました。内祝い選びで気にしたことは、誰にでも気軽に受け取っていただけるよう、高価過ぎず、誰にでも喜んでもらえる商品であることです。内祝いは性質上かなりプライベート感の強いものなので、かえって後々まで残るものではなく、一般的で気軽に消費できるもののほうが、押し付けがましくなく良いと思いました。特に、友人の方々の中には、まだ未婚の方も多いですし、子供がいない方もいるので、気を使いました。結局、紅茶とケーキのセットにしました。

 

通信販売やギフトセンターのようなものではなく、お菓子とお茶のセットにしようと決めてから、すぐに紅茶ブランドの「フォートナムアンドメイソン」にしようと決め、専門店に行って手配してもらいました。元々家族ぐるみで好きなブランドで、自身も何度も飲んでいて信頼感があり、かつ対外的にも有名で恥ずかしくないものだったことが決め手でした。結果的に、このブランドを知っていた友人だけでなく、知らなかった友人にも大変美味しかったと好評で、良いものを教えてくれたと感謝していただけました。

 

まず相手に喜んでもらえることを第一に母にはアンプルールを

 

マナーや品位は大前提として、まずは相手に気軽に喜んでいただけるのが一番かと思います。世の中にこんな良いものがあるのか、と知ってもらえるようなものだとより良いのではないでしょうか。子供のお祝いなので、赤ちゃんの名前を入れた商品や、中には赤ちゃんの体重と同じ重さのお米を送るといった商品もあると聞きました。それはそれで楽しいかもしれませんが、あまりやり過ぎると、かえって相手の喜ぶ気持ちがしらけてしまう場合もあると思いますので、のし紙に名前を書く程度で、当たり障りのない商品が良いのかなと個人的には思いました。そして一番頑張った母には、いつもシミでなやんでいたのでアンプルール化粧品ンシリーズをプレゼントしました。産後更にシミが増えたと聞いたので期待できうるアンプルールを渡したところとてもよろこんでくれました。内祝いは母子ともに喜んでもらえることが大切ですね。

page top