出産内祝い品選びとは!新米ママの想い

出産内祝いは、相手に喜んでもらえるもので無ければならない

出産内祝いは、相手に喜んでもらえるもので無ければならない

 

性別;男性
年齢;29歳
詳細;2歳長男と、0歳次男の2時の父

 

 

とにもかくにも、喜んでもらえるものは何か

 

私はプレゼントを贈るとき、どうしても、とにかく相手に喜んでもらいたい気持ちが人一倍強いのです。
そのため、相手の好みなどを考えすぎる傾向にありますが、今回に限って、私は基本的に親戚からの出産祝いはが多かったので、相手の好みはよくわかっていました。
基本的には、形に残らないものが良いだろう、と思いましたので、食べ物が良いだろうと決めていました。

 

 

ショッピングモール ケーキ屋をチョイス

 

私の自宅から車で20分ほどの場所にあるショッピングモールで買うことにしました。
基本的にケーキ屋でお菓子を買うと決めていましたが、色んな家庭に合ったものを選べなければならないので、特定のお菓子屋では足りません。
複数のケーキ屋、お菓子屋が入っているショッピングモールが良いだろうと思いました。
結果、そのショッピングモールで、バウムクーヘンの治一郎、チョコレートのゴディバ、地元のお菓子屋で鎌倉プリンを売っているお店の3つから購入しました。

 

子供がいる家庭への内祝いはプリンにし、大人しかいない家にはゴディバとバウムクーヘンにしました。
ゴディバは高価なので、多額のお祝いを貰った相手だけですが。

 

 

相手に喜んでもらえることを真剣に考えなければならない

 

お返しは気持ちです。と言っても、なんでも良いわけではありません。
相手にとって何が喜ばれるものなのか、それを真剣に考えることが気持ちなのだと思います。
真剣に考えた結果、喜ばれなかったとしても、それは仕方ないかもしれません(それも自己満足かもしれませんが)。

page top